ルールを守って利用する!|フィラリア予防薬は病院へ行かなくても入手可能!

フィラリア予防薬は病院へ行かなくても入手可能!

黄色の薬

ルールを守って利用する!

茶色の薬

個人輸入代行は誰でも利用することができますが、実際に利用する際にはいくつか条件があります。ルールを知っておくことで、より安全に個人輸入代行を利用することができますよね。
まず、利用する際のルールですが、基本的に、個人輸入代行が手伝っている商品は海外のドラックストアなどで販売されているものです。
実際に、フィラリア予防薬なども日本では病院で処方してもらわないと購入できませんが、海外では普通にドラッグストアで販売されているのです。
海外で普通に購入することができるからこそ日本人が購入することを許されているので、病院で貰えるようなお手軽な量は購入できません。
病院で薬を処方してもらう場合、体調が悪い時の数日分を処方してくれますが、ドラッグストア等ではそのような販売方法はされていないですよね。
数日分ではなく、全て箱に入っています。ドラッグストアで購入する際と同じようにしなければならないので、個人輸入代行を利用して購入する際には、箱単位で購入する必要があります。
また、厚生労働省が安全と認めなければいけないため、1回の購入は2カ月未満の分量とされています。
海外で購入しても安全を第一として考えなければいけないので、そういった決まりがあるのです。
基本的には、この2点を守っていれば安心して個人輸入代行を利用することができます。
病院へ行くよりも料金は安く済むので、個人輸入代行は人気が高く、利用者が増えています。